「食堂かたつむり」2010/02/19

今日は窯出しした作品の発送や納品に追われる。
今は3月4月5月の企画展や個展を前にして
頂いていた注文を一生懸命こなしているところ。
仕事の合い間には少しずつ本を読んでいる。
「食堂かたつむり」も読了。
主人公が色々な心の痛みを乗り越えて成長していく物語。
主人公の「倫子」ちゃんの力強さに共感を憶え励まされる。
描写がリアル。
だから料理の雰囲気も良く伝わって来る。
どんな味か想像しながら楽しく読んだ。
映画も楽しみたいところである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック