さや鉢2010/06/23

今日知人が自分の持っているさや鉢を借りて行きました。
さや鉢とは窯道具であります。
自分には以前さや鉢を使って炭化焼成(無釉で黒く焼き締めます)をしていた時期がありました。
たぶん14、5年ぐらい前だと思います。
その頃は仕事場を借りて制作していたのですが、たまたま隣の工房に薪窯の先生の所で修行されたTさんがいたので、さや鉢の使い方をいろいろと教えてもらい炭化焼成を試みていました。
急須、ビアタンブラー、擂り鉢などさや鉢の中に作品を入れてから
炭やワラ、モミを詰め込み焼成します。
黒く焼き締まった中に赤い火色がでたり、けっこう景色が楽しめて
雰囲気良く焼き上がってました。
その頃は窯で出来る事は何でも取り組みたいと意気込んでいた時期です。
そのさや鉢も今では出番が無く工房の片隅に埋もれてしまってました。
まだきれいなさや鉢、ぜひ、ご活用下さい。

コメント

_ KINTA ― 2010/06/24 18:34

縦、横の外径のサイズを知りたいです。ひとつおいくらも。

_ 額賀章夫 ― 2010/06/25 01:01

KINTAさんコメント頂きありがとうございます。
さや鉢全部貸してしまって今はありません。
サイズは30センチ角ぐらいだったような気が致します。
残念ながら今はまだ売る気はないのです。
申し訳ありません。
誤解を生じる文章だったかもしれません。
重ねてお詫び申し上げます。

_ KINTA ― 2010/06/25 06:47

わかりました。

_ T!! ― 2010/07/05 00:39

こんにちは~!懐かしいですね~!あのときいただいた炭化のカップ、大事にしていますよ!私もここのところ炭化焼成ご無沙汰ですが、9月の人形展前に久しぶりにたいてみようかな・・と思っています。

_ 額賀章夫 ― 2010/07/09 01:26

Tさんコメント頂きありがとうございます。
炭化のカップ大事にしてくださり嬉しいです。
9月の人形展楽しみですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック