とんぼの本2011/05/10

あちらこちらと用足しに動く1日でした。
夕方笹目さんが来て打ち合わせ。

先日のひまつりの時には笠間の飲み屋さんで
笹目さんと一緒にお酒を頂いたりしていました。
その時に笹目さんが連れてこられたお客様方の中に
かつて自分を取材して下さった記者さんのIさんがいらしたので
とても驚きました。
10年ぶりにお会いしたのでありますが
今や別の雑誌の副編集長となりご活躍されているご様子。
落ち着きと貫録が備わって恐れ入るばかりでした。
その記者のIさんが当工房まで来て取材して書いて下さった記事が
芸術新潮の2001年4月号「骨董の目利きがえらぶふだんづかいのうつわ」でした。
当時はその特集の反響も大きくとても思い出深いものであります。
しかも、自分の事を書いて頂いた記事の中で今でも一番好きなものです。
現在その特集が新潮社のとんぼの本として出版されています。
機会がありましたらご一読下さい。
今でも反響があります。
Iさんとお会い出来るなんてとまさかと思いました。
せっかくお会いしたのにこちらは酔っぱらっていてやるせないものです。
けど、笹目さんには感謝。ありがとう。