広島へ2011/06/11

広島の「Daiwa Press Viewing Room」で催されている
「Fumihiko Oshima A Re-view of The People's Art」を観てきました。
偶然一緒だったのは新谷和泉さん、魯山でお世話になってます。
ダンナの彫刻家小俣英彦さんもご一緒でした。
日本を代表するアートコレクターの佐藤辰美さんのご案内で
今回の展示を堪能してきました。
大嶌さんの鉄の作品やセレクトされた古い物から現代のうつわまで、
観ていく順序やモノとモノとの響き合いを考えた展示の流れは
佐藤辰美さんのディレクションによるものです。
いつも魯山でしか観ているもモノが
別な空間で観る事がとても新鮮でした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック