リビルド益子@茶屋雨巻にて2011/07/07

東京から戻ってすぐに益子の茶屋雨巻に行きました。
今日は益子を取材中の雑誌Casa Brutusからお声が掛かり
茶屋雨巻へと伺った次第です。
そこには益子の陶芸家、鈴木稔さん、伊藤丈浩さん、
田村一さん、庄司千晶さん4人の作家さんが来ていました。
また、笠間からは小生と須知大さんと井上あやさん、
そして東京からは坂口修一郎さん。
多彩な面々が集まっていました。

そこで震災後に始まったリビルド益子の活動の過程を
じっくり聞く事が出来て本当に良かったです。
断片的にツイッターやfacebookでその活動を知る事は出来ていました。
特に、「旅するカケラ」は以前から素晴らしい企画と思っていました。
いろんな所へ被災した窯の写真と共にかけらを展示し、
訪れた人にかけらにメッセージを書いて頂き、
集まったかけらを町内で展示する計画というものです。

庄司さんの発案による「旅するカケラ」ですがたくさんの人を巻き込み
大きなムーヴメントになっています。

http://mytown.asahi.com/areanews/tochigi/TKY201106110485.html
http://rebuild.exblog.jp/

今日の模様は来月8月10日発売の雑誌Casa Brutusで。